二日酔いにならない営業社員が出世する!

出世する営業社員が実践している二日酔い対策とは?

そもそも二日酔にどうしてなるの?

二日酔いにならない営業社員

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

年末年始の飲み会の数を減らしたいけど減らせない。辛いですよね。忘年会と新年会の嵐ですよね。

 

特に営業職の皆様は忘年会と新年会をこなしながら,、日々の業務をこなし、さらに睡眠不足となり肝臓が悲鳴をあげていますよね。

 

健康診断で「肝臓が弱っているよ」と言われてませんか?

 

忘年会と新年会で肝臓が悲鳴をあげて、翌日は朝から頭痛と吐き気に襲われる日々です。

 

朝食は当然食べてないし、水を飲んで吐き気を感じる辛い中、満員電車に揺られて地獄の思いをしていませんか?

 

どうしたら、二日酔いから早く治るかを会社の診療所のお医者さんに聞きました。

 

二日酔いの原因は2つです!

 

1つ目はアセトアルデヒドです。アルコールは、体内に入ると肝臓で分解されます。

 

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという成分に変化します。

 

アルコール類を飲みすぎるとアセトアルデヒドが全身にまわって神経細胞に大きな影響を与えます。

 

これが、二日酔いで頭痛や全身のだるさを引き起こすといわれています。

 

2つ目は、胃食道逆流症(逆流性食道炎)です。

 

寝ていて胃液が口に上がってくる現象です。

 

胃と食道は逆流を防ぐために細く締まっています。

 

ところが、お酒を飲むとアルコールの作用で緩んでしまいます。

 

そうなると胃液が食道に流れてしまい、吐き気・胸焼け・胃のムカムカといった二日酔いの症状を発症します。

 

正直にいうと二日酔いの原因は医学的に明確なシステムが解明されていない

二日酔いの治し方はどうしたら効果的なんですか?

 

これをすれば二日酔いがすぐに治る」という特効薬や方法は悲しいことにはありません。

 

二日酔い対策とは、二日酔いにならないように予防することが大事なんです。

 

薬を飲んで治すという特効薬はありません。

 

「二日酔いの症状を抑える」ことを中心に対処をします。

 

頭痛がひどいとき

二日酔いにならない営業社員

二日酔いの頭痛の原因は、アセトアルデヒドだと医学的には考えられています。

 

体内のアセトアルデヒドを薄めることや、体から早く抜くことが二日酔いの頭痛対策で効果的だとい考えられています。

 

まず、体に広がったアセトアルデヒドを薄めるために水分を補給することを推奨します。

 

ポカリスエットなどの少し塩分を含んだ飲料水やミネラルウォーターを飲むことがいいと考えます。

 

飲みすぎると胃液の逆流をひきおこしますから、飲みすぎには十分に注意してください。

 

緑茶を飲むとなぜか胸焼けがひどくなることがあります。

 

ミネラルウォーターもしくは水道水がいいと思います。

 

吐き気がひどいとき

二日酔いにならない営業社員

二日酔いで感じる吐き気や胸焼けといった症状の多くは、胃食道逆流症によるものです。

 

この症状を抑ええる飲み薬はあります。

 

クリニックなどで処方してもらい、服用することが、症状緩和の一番の近道です。

 

胃液が逆流した状況で、中華料理、イタリア料理などの油を使う料理を食べると吐き気が、さらにひどくなる場合があります。

 

「もりそば」などのあっさりしたものがいいと思います。

 

とにかく体がだるいとき

二日酔いにならない営業社員

カラダがだるい症状もアセトアルデヒドが原因だと考えられています。

 

アセトアルデヒドを薄めるために、水を飲むことと、適度な栄養摂取が大事です。

 

できるなら、昼休みに少しでも寝て、体をしっかり休めてください。

 

吐き気や胸焼けがする時は、食事をする気持ちになれないと思います。

 

無理に食事をとる必要はありません。

 

体を休めながら水分補給のみを行い、楽になるのを待ちましょう。

水を飲みながら宴席をたのしむのが常識?

宴席で食事をとりながらお酒を飲むのが鉄則

 

二日酔いにならない営業社員

 

二日酔いはアルコールの吸収スピードを抑えれば、ある程度は軽減できます。

 

アルコールは胃に入った段階で吸収を始めます。

 

アルコール吸収を抑えるためには、お酒を飲むときに料理を食べることが大事です。

 

チェイサーとして、お水を飲みながら食事をして酒類を飲むことが大事です。

 

体内でアルコールが薄まり、アルコールの吸収を抑えることがさらに高まります。

 

宴席で酒類を飲むときには食事とチェイサーとして

 

水もしくはソフトドリンクなどを意識的に飲むことを心がけましょう。

 

酒類のみを飲み続けることはやめましょう。

 

二日酔いにならない営業社員

 

宴会が終わってから、タクシー帰宅をする人は注意が必要です。

 

車に乗って横になったりしたら、車の横揺れと振動で、胃液が逆流してしまいます。

 

これが、胃食道逆流症の原因になります。

 

お酒を飲んだ後は電車で立って帰る方がいいです。

 

駅のベンチで足を伸ばして寝ている人がいますが、これは二日酔い対策にはなりません。

 

椅子に座るか体を少し上げた状態で休みましょう。

 

帰宅後もすぐに横になるのは、二日酔い対策ではありません。

 

横になって寝たい気持ちは十分にわかりますが、やめた方がいいと思います。

 

二日酔いにウコンやしじみエキスは効果的?

 

二日酔いの予防・対処法としてウコンやしじみエキスをとるという方法がいいという人がいます。

 

実はウコンやシジミエキスがアルコールを飲んだ後に、アルコール分解を早めているという科学的な根拠はありません。

 

それらの食べ物の効果は科学的に実証されているわけではありません。

 

ウコンは摂取しすぎると肝臓の負担になる場合があります。

 

ウコンやしじみエキスは、二日酔いの特効薬ではありません。

 

ウコンの摂取量によっては、肝臓の機能低下につながることもあります。

 

でも、効果がある人もいます。

 

例えば、インドカレーです。インド人が作るカレーはスパイスが豊富です。
カレーの黄色はウコンです。立ち食い蕎麦屋さんのカレーとは違って
正真正銘のウコンが配合されています。
ショウガも多用されています。

 

二日酔いにインドカレーが効果があると思っている人は
インドカレーに含まれているウコンに効果があると思っているのです。

 

ウコンが二日酔いの予防対策になるとは思えません。

銀座のお姉さんたちが毎日実践している二日酔い対策

二日酔いにならない営業社員

銀座8丁目にあるポルシェビルの高級クラブで働くホステスさんが、実際にやっている二日酔い対策を聞きました。

 

銀座のクラブで働く女性は週に5日間お酒を飲むことが仕事です。「同伴出勤がほぼ毎日です。15時に美容院に行ってから帰宅後、軽くご飯を食べます。その時に食べるのは「お蕎麦」です。同伴出勤の時にお客様と料理やさんで一緒にお食事とお酒をいただきます。その時に飲むお酒は「水で割ったお酒」のみ飲みます。日本酒やワインはほぼ飲みません。フレンチ、イタリアンレストレンでも氷の入ったお酒を頼みます。例えば、サングリアです。

 

出勤前にヘパリーゼやウコンの力を飲んでも全く意味がありません。お酒を飲みながら水を飲むことが大事です。お客様のテーブルについて飲むお酒は、黒服に持って来させます。例えば、ウーロン茶を水で割るとウイスキーの水割りに見えます。お客様がワインを飲まれた時には、1杯は乾杯しますが、お客様のワインをがぶ飲みするホステスはいません。「私の水割り」と黒服に言えば、烏龍茶の水割りが出てきます。これをずーっと飲むことはできませんが、そっと飲むのです。

 

最悪の時もあります。外国のお客様がいらした時は大変です。ドイツ人のお客様の酒の強さは半端ないですから。エビスの生ビールを3リトル飲んでも全く酔わないのです。日本人は肝臓にあるアルコールの分解酵素が欧米人よりも極端に少ないと言われています。銀座のクラブで働く女性で中国語と英語ができると売上は格段に上がります。なぜなら、コミュニケーションができるホステスだけがお相手できるのです。中国からのお客様が銀座に落とすお金は普通じゃありません。だから、外国語ができるホステスが稼ぐのです。

 

日本語しかできないホステスが稼げる時代は終わりました。その分、肝臓のダメージも半端ないのです。銀座のホステスは個人事業主です。人間ドックは6ヶ月おきに行きますし、3ヶ月おきに大学病院で健康診断です。肝臓の数値には敏感です。翌朝お客様とゴルフに行くことは日常茶飯事です。二日酔いになったら負けです。

 

二日酔いになった時は、帰宅後大量の水を飲みます。当然、吐き気があります。そんな時はトイレで思い切り吐きます。また、水を飲みます。とことん吐きます。吐き気がおさまったところで、ぬるいお湯に浸かります。その時も水をお風呂に持っていきます。そして、ゆくりとお風呂の温度をあげて、43度のお湯に浸かってから、シャワーを浴びてソファーに座ります。

 

ビデオに録画した映画やドラマを見ながら少し、水を飲みます。横になっても、胃液が逆流しないことを確認してからベットで寝ます。翌昼はぬるいお湯から熱いお湯までじっくりとお風呂に浸かってから、ソファで休んでから、蕎麦を食べて美容院に向かいます。これが1日のルーティーンなのです。

 

本当に二日酔いの時もあります。そんな時に限って大事なお客様との同伴なのです。紳士はホステスの様子をみて、「昨日は飲みすぎか」とお気遣いをしていただけます。そんな時は、ひたすらお水を飲みながらお客様のお話を伺っています。

 

お客様からお気遣いをいただき、いただいたウコンは飲んでいます。気のせいかもしれませんが、レバウルフというウコンはなぜか効果があるように思います。
あくまでも私見です。

銀座の紳士と高級クラブホステスが愛飲するレバウルフとはなんだろう?

二日酔いにならない営業社員

レバウルフとは二日酔い対策のために、開発されたウコンが主成分のサプリです。

 

レバウルフは、指定医薬部外品という分類の商品です。

 

医薬部外品とは、効能や効果がしっかり認められている商品です。

 

医薬部外品は、有効成分が含まれている商品です。

 

副作用などがすくなく薬のような即効性はないかわりに

 

ゆっくりと効果がでてくる商品です。

 

レバウルフは、胃の働きと肝臓機能に効果のあるウコンと、ウルソという成分を多く含んでいる商品です。

 

3粒で「ウコンの力」の12本分のウコンをふくんでいます。

 

ウコンの力が発揮され、二日酔い対策の効果が期待できないことはないとおもいます。

 

レバウルフに含まれている成分と期待できる効果は以下のとおりです。

 

成分 含有量 期待できる効果
ウコン粉末 570ミリグラム 胃と肝臓の正常な機能をたすける
ウルソデオキシコール酸 20ミリグラム 二日酔いの体の中の働きをたすける
朝鮮人参粉末 40ミリグラム 活力向上に効果が期待できる
ショウキョウ粉末 30ミリグラム 体を温め胃の中の水分を尿や汗で排出させる
センブリ粉末 15ミリグラム 体の中の運動を活性化させ消化不良を解消

 

この含有量は食後1回に飲む3粒のレバウルフの成分です。
レバウルフは毎食後に飲みます。
一日の最大摂取量は9粒になります。

 

忘年会、新年会をこなす営業社員の二日酔い防止の一助になってくれると考えます。

 

レバウルフを飲んでみませんか?

 

通常価格5600円を初回限定1980円です。

 

さらに、2回目以降は15%オフの4760円で購入できます。

 

体に合わなければ、服用をやめればいいだけです。

 

二日酔いにならない営業社員

 

レバウルフの口コミ

二日酔いにならない営業社員

 

夏休みが終わってから年末にかけて一気に営業は忙しくなります。2、8は暇だといわれているのはわかります。なぜなら、みんな疲れているのです。夏休み前の追い込み、新年会が一段落した2月は普段にくらべれば楽に仕事ができます。接待をしていて焼酎が好きなお客さんががいらっしゃいます。必ず二件目は「焼酎の専門バー」です。その焼酎バーで会計が終わると必ず「ウコン」の錠剤とシジミ汁が出てきます。「これが効くんだよ」とお取引先の社長はいつも上機嫌です。毎日のように続く接待です。明日は接待ゴルフというときに限って二日酔いになっていました。これって、最悪なんです。ゴルフ場まで車を運転しても酒気帯び運転になります。そのため、接待の翌日は会社の後輩に車で迎えに来てもらいます。ゴルフ場の迎えは弟か妹に頼んでいました。これも限界になってきたある日、大酒飲みの会社の先輩にレバウルフを紹介されて飲みました。毎食後に飲むため副作用が気になりました。とくに副作用はないとおもいますし、カラダが楽になりました。レバウルフを飲んでからは、二日酔いになりにくいカラダになったような気がします。今では、会社の営業社員にとってレバウルフは必需品になっています(証券会社 38歳営業社員)

 

 

会社にいるときは9時30分から22時までほぼノンストップで働いています。休憩時間は気晴らしに地下にあるレストランか隣のビルのレストランでのんびり食事なんです。フィットネスルームで汗を流して、シャワーを浴びてから仕事するときもあります。営業職の女子は接待は当然ありますし、接待がなくても飲み会は毎日あります。エンゲル係数はかなり高い会社です。そして、厳しいのは22時から始まる飲み会です。化粧は落とせないですし、さらに酒が入りますから大変です。焼き肉が二次会という恐るべき会社です。その分、男女対等に扱ってくれているのですが、きついですよ。二日酔いになっても9時20分には着席していないと8時に出勤している部長から厳しく叱責を受ける会社では、二日酔い対策が大事なんです。会社からタクシーで15分圏内に住まないと地獄を見ます。出勤してから、一度帰宅して温めのお風呂につかりなおして、水を飲み酒を抜くことができないと死にます。お取引先の人から「レバウルフ」を紹介されました。パッケージが黒く、なんとなく怪しいサプリメントと思ったのですが、お取引先の人がお水を用意してくれたので飲まないわけにはいきません。飲んでみて、カラダが楽になってきた感じがしたのです。そこで、ネットでしらべて買いました。それを部長の前で飲んでいたら「おい、なにのんでんだ」と言われたので「ウコンです」というと部長も机からレバウルフを取り出したのです。レバウルフは広告営業にとって神サプリだと思ってます。(29歳 広告会社営業局勤務)

 

 

新聞社で最も過酷な業務をこなすのは販売局の営業です。販売担当員と呼ばれる営業は、毎日取引先である新聞販売店の所長さんと酒を飲んでいます。もっとも大変なのは秋田県を担当することです。宴席ではビールはないのです。乾杯から日本酒です。どんぶりに入った白菜漬けがわまってきます。そして、大きな「やかん」に入っているのは、熱燗のように熱い日本酒です。それを湯のみでがぶ飲みするのです。普段は少し加減ができるのですが、7月と年末年始は過酷な飲み会が続くのです。実際に、肝臓機能にダメージが出て内勤に上がった同僚が多数います。(肝臓の数値が正常に戻ったら営業に戻る)その過酷な飲み会の嵐のなかで「ウコン」と「田七人参」の粉末、錠剤は必ず飲むことになります。ヘパリーゼとウコンの力は気休め程度しか聞きませんから飲んでません。お取引先の新聞販売店の所長さんから「担当、これ飲んで」ともらったのがレバウルフでした。ウコンとウルソの効果なんだと思いますがカラダが楽になりました。と言っても飲みすぎれば効果がないことは認識しています。とくにイモ焼酎の飲み会は厳しいです。締めのラーメンを食べて帰るときには命を縮めているように感じていました。レバウルフを飲んで二日酔いになりにくくなったのは事実ですが、価格が高いことと、飲んだ後に口に上がってくるレバウルフの匂いが苦手なんです。なんとも言えないウコンの匂いが口に上がってくるのです。そんな時は牛乳を飲んでますけどね。レバウルフは田七人参に粉末よりも肝臓に効果があると感じています。もう少し安くなるといいのですけどね。(35歳 大手新聞社販売局営業)

 

 

看護師をしている妹から「二日酔いになったら餅を食べるといい」といわれて、もちを食べるようにしていました。実際にある程度聞いているような気がします。「二日酔いの翌日にはインドカレーをたべるといい」とも言われました。これも、看護師の妹を信じて実践していたのですが、インドカレーの油で食道が焼ける感じがするときがあります。「特効薬はないのか」と聞くと「ありません」と胸を張って言われます。看護師は二日酔いになることがないのか?ありますよ。朝餅を焼いている妹を見ると「あ、二日酔い」と言って冷やかしていましたが、その夜の接待で完璧にやられました。そのとき、隣のテーブルの人が飲んでいる黄色い粒がきになりました。「あの、それなんですか?」と聞いたら「レバウルフだよ。飲んでみるか」といわれて三粒いただきました。胃から上がってくる胃液で食堂が焼けて、さらにウコンの匂いでいやになりました。不思議と二日酔いの症状は軽減されているように感じました。ただ、問題は20代の給与が安い社員には厳しい価格です。ちょっと高い。高いから効果が期待できるウコンが大量に入っているのかもしれません。担当している病院のお医者様に「これって効果ありますか?」と聞くと、「成分的には悪くないと思うけど、効果があるかどうかを判断するのは君だろ」と冷たくあしらわれましたが、飲み続けています。このお医者様はフグが大好きで、ひれ酒を浴びるように飲みます。帰り際に、「おい、この間のあれをくれ」と私のレバウルフを飲んでました。(35歳 製薬会社営業社員)

 

 

 

レバウルフは二日酔いの万能薬ではありません。

 

営業社員をはじめ接待に忙しい会社経営者や、役員のみなさんも飲みすぎに気を使いながら、酔ったふりをする。
この演技が大事なんだと思います。レバウルフを飲んだから二日酔いにならないということはありません。

 

でも、レバウルフを飲んでみて楽になった人も多いのです。

 

みなさんが、二日酔い対策として様々なことをやっていると思います。

 

自分にあった一番いい方法を実行してください。レバウルフを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

みんなの二日酔い対策まとめ

二日酔いにならない営業社員

 

二日酔いになったらどうしてますか?

 

水を大量に飲む

とにかく水を飲もうと思いますよ。

 

2リットルの水をコンビニで買ってきてから
太田胃散とともに飲みます。

 

2リットルの水を買ってきて、大きなペットボトルでひたすら水を飲んでいます。

 

二日酔いの症状でたまに手がしびれる感じがしています。

 

これって、やばいのかなと思ってますけどね。

 

あとは塩が欲しくなるのです。

 

トマトジュースにタバスコ入れて少し塩を加えて朝飲んでます。

 

トマトジュースは、アルコールでつかれたカラダににビタミンやミネラルを補給します。

 

トマトジュースはさらにすごいのです。

 

水分補給にもなります。

 

トマトジュースに含まれる果糖が残ったアルコールを

 

体外に排出する手助けをしてくれている気がします。

 

吐き気をどうするか

 

水を飲んで遠慮なトイレで吐いてます。

 

これを繰り返します。

 

水を飲んでは吐くです。

 

トイレの掃除をしてうがいをしてから

 

少しだけ塩を入れて飲むのです。

 

女房にはちょー怒られますけどね。

 

頭痛対策

 

これて一番難儀なんです。

 

水を飲んでも治りません。

 

頭痛薬を飲んでいますけど、これが効かないのです。

 

困ったもんです。

 

昼休みに空いている会議室で寝てます。

 

インドカレーは効果がある?

 

タクシーの運転手さんに聞いて、インドカレーを

 

食べています。今は営業時間が変わったのですが

 

麹町のアジャンタが24時間営業の時は出勤前に

 

ここでラムカリーを頼んで食べていました。

 

これが本当に効果的でありました。

 

今は、コンビニのカレーにナイルレストランの

 

ガンマサラを加えて食べます。

 

効果があるように感じてます。

 

そばつゆのがぶ飲み

 

二日酔いの朝は駅でわかめそばを食べてます。

 

そばを食べれないぐらいひどい時もあります。

 

七味唐辛子はたっぷりと入れて、ワカメそばを

 

食べるのです。そばつゆは全部飲みます。

 

効果は昼過ぎに出てくると思ってます。

 

風呂に入る

 

お風呂にポカリスウェットを持って行って
熱い風呂に浸かってます。

 

これが意外と効果があるのです。
43度のお湯にひたすら浸かります。

 

シャワーは38度にして体を少しだけ冷やします。

 

二日酔い対策は熱い風呂ですが、血圧の急上昇を
招きますから注意してください。

 

最強はウコンですね

 

ウコンは漢方に使われる生薬です。
古くから肝臓の機能を強化するといわれてますが
西洋医学的には証明されていないそうです。

 

東洋医学の視点で見てみるとウコンは
飲みすぎると肝臓にダメージを与えることが
わかっています。

 

ウコンに含まれるクルクミンという成分が有効です。

 

薬剤師の姉から聞いたことです。

 

肝臓の毒素を排出する。

 

体内に残っているアセトアルデヒドを分解する。

 

アセトアルデヒドはアルコールが分解されてできたものです。

 

アセトアルデヒドを肝臓で十分に処理できないと

 

二日酔いになるのです。

 

ウコンがアセトアルデヒドの排出をサポートするらしいです。

 

食前にウコンを飲んでおくことで、二日酔い対策に
なるのです。

 

ウコンは胃腸を正常に整えるの効果もあります。

 

ウコンには血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

 

ウコンが糖質の吸収も抑え、太りやすくなる体質を

 

改善する手助けをしてくれるのです。

 

ただし、飲みすぎは危険です。

 

ウコンは良質なものを飲みましょう。

 

レバウルフは良質なウコンです。

 

レバウルフを飲んでから二日酔いになりませんね。もっとも、忘年会、新年会は酒の量を気にしながら飲んで済ますけどね。

トップへ戻る